· 

鈴木先生 セミナー

カウンセリング件数6000件以上、第一線でご活躍の心理カウンセラー 鈴木雅幸 先生を東京よりお迎えし、スペシャルセミナー『さあどうする!? に対応できるカウンセリング応答スキルアップセミナー』を定員増席にて開催致しました!!

CCIで初のセミナー。専門性の高い内容にあっという間の3時間。教室中がずっと高い集中力とエネルギーで充満し、脳疲労が半端なく、それだけ真剣に参加者全員がそこに【いた】ということですね!

傾聴についての捉え方や、カウンセリングとは何に焦点を当てることなのか。とても理解しやすいお話と、一方でそれを実際にできるかどうか。まさに心理カウンセラーが常に対峙する課題を、鈴木先生の豊富なご経験に基づくワークやケーススタディなどを通して、がっちり向き合う時間となりました。

カウンセリングにおける沈黙には2種類
『動きのある沈黙』と『動きのない沈黙』

共感的理解で寄り添うには、専門性と技術が必要

やり取りを続けることで、結果、自然と問題解決へと、そうなる。そのやり取りとは。

などなど。現場と経験!!

クライエントの支援とは、私たち一人一人が研鑽を続けることであり、間違いなく少しづつ自分自身が成長することでもあります。

そして、ここで学ぶことは、心理カウンセラーとクライエントの間だけではなく、親と子、教師と生徒、上司と部下、あらゆる人と人との関係で成り立ちます。

『私はあなたの言うことを分かっているだろうか。もっとあなたを分かりたい、は裏を返せば、まだあなたのことがわからない、ということ。この問いを真摯に繰り返し続けていく、自然に、そうなる。』

参加者一人一人がそれぞれの課題とヒントを胸に、再びのセミナー開催希望を込めた満場の拍手にて会を締めさせて頂きました。