ハートケアサポーターⓇ養成コース

心理カウンセラーの基本は、人の”こころ”に寄り添いつつ話を聴く心理カウンセリングの姿勢や態度です。真に話を聴いてもらえる体験を持つ時、人の”こころ”には安心感と自己への気づき、そして変化が生じてきます。「ハートケアサポーター養成コース」では、話を聴く姿勢や態度を、演習を通じて体験的に身につけていただくと共に、自分自身と他者の”こころ”を理解する視点や”こころ”に関係する病理や制度の基礎を学び、家庭や職場など身近な場面から始まるメンタルサポートについて学習します。

ハートケアサポーター養成コースでは、心理学の交流分析学を学ぶことが出来ます。この学びによって自分自身の問題の根っこに気付き向き合ったり、人との円滑なコミュニケーション術を身につける事が出来ます。また、精神疾患を学ぶことで改めて心と身体の深い関係を知ることが出来ます。

心理カウンセラーとしての倫理や法的機関へのアプローチも知ることが出来る内容になっています。

 

【技能レベルと活躍の場】身近な人へのメンタルサポート(理解と傾聴によるカウンセリング)

【カウンセリング対応可能範囲】対人関係修復、家族関係修復などのコミュニケーション

 

コマ数 90分×24コマ

受講期間 6か月

198,000円(税込)

 

一定時間以上の出席者には修了認定書を発行致します。

また別途試験(任意)に合格されますと「ハートケアサポーター資格」の称号を授与します。